Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能

NECとシスコシステムズは、安全保障や重要インフラで利用されるネットワーク機器の真正性を確認するプロセスを強化する。

両社は、改ざんの検知技術やブロックチェーンを組みあわせることで、製品出荷前をはじめ、システムの構築、運用中において、機器が不正に改ざんされていないことを確認するプロセスを導入したシスコ製品を2020年度より順次提供するもの。

シスコが開発した機器固有のIDやデジタル署名によってハード、ソフトの両面から機器の真正性を確認する技術「Trustworthy」や組み込みソフトウェアによりプログラム改ざんを検知するNEC検知技術を活用するという。

両技術による検査結果の履歴をブロックチェーンに記録することで、真正性を監視、管理できる。今後はNECの機器においても、改ざん検知技術を活用して同様の機能を実装。将来的には、増設やバージョンアップ、保守などライフサイクル全般に同機能を提供したい考え。

(Security NEXT - 2020/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み