Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、セキュリティ関連情報の売買プラットフォームについて実証実験を実施する。

同社では、攻撃に利用されたIPアドレスやURLなど、セキュリティ対策に活用できる脅威情報を参加者間で売買できるプラットフォームとして「ブロックチェーン型セキュリティ情報流通フレームワーク」の開発を進めており、参加者からのフィードバックを目的とした実証実験を11月30日から2021年3月31日まで実施するもの。

同プラットフォームでは、企業や個人で活動するセキュリティエンジニアが独自に保有し、流通することが少ない脅威情報を流通させ、利活用できる環境の提供を目指している。売買システムには、ブロックチェーンやスマートコントラクト技術を活用。プラットフォームには、取引されたインテリジェンスの流通状況や購入者によるフィードバックなども掲載する。

実証実験への参加費用は無料としており、参加者には実験で利用可能なポイントを付与。ポイントを利用することで、同社が独自に提供するセキュリティインテリジェンスを購入することができるという。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア