Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性 - 一部実証コードが公開済み

ウェブアプリケーションのフレームワークである「Apache Struts 2」に、任意のコードが実行される脆弱性「CVE-2016-3081」など複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

Apache Struts
Apache Struts

「Apache Struts 2」において、「Dynamic Method Invocation(DMI)」を有効化している場合にリモートより任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-3081」が判明したもの。すでに実証コード「PoC」が公開されているという。

影響を受けるバージョンは、「Apache Struts 2.3.28」から「同2.3.20」。ただし、4月19日に修正版として公開された「Apache Struts 2.3.20.3」および「同2.3.24.3」は影響を受けない。

またこれ以外にも「XSLTResult」に関する脆弱性「CVE-2016-3082」や、一部バージョンで未修正となっていた脆弱性「CVE-2016-0785」なども対処された。

Apache Struts projectでは、脆弱性を修正した「同2.3.20.3」「同2.3.24.3」「同2.3.28.1」を公開。セキュリティ機関などもアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック