Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアの基本動作を調査する新サービス - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、個別にマルウェアの基本的な挙動について解析する「マルウェア解析サービス」を7月1日より提供開始する。

同サービスは、検体の提供を受けたマルウェアの挙動など、基本的な動作を調査。10から20ページほどの報告書を提供するもの。静的解析など含む詳細解析には対応しない。

20160427_ci_001.jpg
サービスイメージ(図:キヤノンITS)

マルウェアの検出名や定義ファイルの情報のほか、解析結果の概要、マルウェアの通信先や通信データ、感染確認手順、復旧方法を記載項目としている。ただし、マルウェアによって提供されない項目もある。

申し込み後に解析が可能か判断した上で受け付ける。報告書の提供は受け付けより2営業日以内を目安としており、2営業日以上必要とする場合は事前に連絡するという。

料金は、1カ月4検体まで対応の月額制サービスが37万8000円。スポット解析が1検体あたり10万8000円。受付時間は平日9時から17時まで。

(Security NEXT - 2016/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発