Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー

Kasperskyは、ランサムウェア「Yanluowang」の被害者向けに暗号化ファイルの復号ツールを公開した。無償でダウンロードできる。

「Yanluowang」は2021年10月に確認されたランサムウェア。感染端末に対して攻撃者が手動で指示するタイプのランサムウェアで、暗号化されるとファイルの拡張子が「.Yanluowang」に変更される。同社によると、特定企業を狙って攻撃が展開されており、米国やトルコ、ブラジルなどの大手企業が標的となっていた。

攻撃者が残す脅迫文には、警察に通報すると感染端末よりすべてのファイルを削除するなどと記載。さらにDDoS攻撃を行ったり、従業員をランサムウェアに感染させ、組織全体に対して攻撃するなどと脅していた。

同社が、同マルウェアを解析したところ、ファイルを暗号化するアルゴリズムに脆弱性が存在することが判明。暗号化されたファイルを復号できるツールを開発した。ただし復号には、暗号化される前のファイルが少なくともひとつ必要になるという。

「Yanluowang」の復号ツールは、「Rannoh」の復号ツールに追加されており、同社プロジェクトページ「No Ransom」より無償でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2022/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都