Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー

Kasperskyは、ランサムウェア「Yanluowang」の被害者向けに暗号化ファイルの復号ツールを公開した。無償でダウンロードできる。

「Yanluowang」は2021年10月に確認されたランサムウェア。感染端末に対して攻撃者が手動で指示するタイプのランサムウェアで、暗号化されるとファイルの拡張子が「.Yanluowang」に変更される。同社によると、特定企業を狙って攻撃が展開されており、米国やトルコ、ブラジルなどの大手企業が標的となっていた。

攻撃者が残す脅迫文には、警察に通報すると感染端末よりすべてのファイルを削除するなどと記載。さらにDDoS攻撃を行ったり、従業員をランサムウェアに感染させ、組織全体に対して攻撃するなどと脅していた。

同社が、同マルウェアを解析したところ、ファイルを暗号化するアルゴリズムに脆弱性が存在することが判明。暗号化されたファイルを復号できるツールを開発した。ただし復号には、暗号化される前のファイルが少なくともひとつ必要になるという。

「Yanluowang」の復号ツールは、「Rannoh」の復号ツールに追加されており、同社プロジェクトページ「No Ransom」より無償でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2022/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開