Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京スター銀行のスマホアプリ旧版に脆弱性 - 盗聴のおそれ

スマートフォン向けに提供されている「東京スター銀行アプリ」の旧版に、中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、SSLサーバ証明書の検証機能における脆弱性「CVE-2016-1184」が含まれていることが明らかとなったもの。通信途中で「マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)」を受けると、通信内容が盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、「同1.3」および以前のバージョンに存在し、Android版、iOS版のいずれも影響を受けるという。同行は2015年12月に「同1.4」を公開、脆弱性を修正したという。

今回の脆弱性は、NTTコムセキュリティの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供