Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開

暗号化によりOSを起動できなくし、金銭を要求するランサムウェア「Petya」の被害にあったディスクを復号化するツールが、インターネットで公開された。

20160412_pe_001.jpg
復号化するパスワードを生成できるサイト

「Petya」は、起動に用いる「マスターブートレコード(MBR)」を改変するマルウェア。再起動後に立ち上がる「chkdsk」に見せかけたプログラムが「マスターファイルテーブル(MFT)」を暗号化。その後はOSそのものが起動できなくなり、Bitcoinにより身代金の支払いが要求される。

同ランサムウェアへの対策として、Twitter利用者のLeostone氏が、ウェブサイト上へ修復ツールを公開したもの。同ツールで実際に復号できることをヘルプサイトのBleeping ComputerやセキュリティベンダーのKaspersky Labが確認したという。

復号キーを作成するウェブサイトは不安定であり、ミラーサイトなども用意されている。復号化のキーを得るためには、ハードディスクを別の端末へ接続し、ドライブの指定されたセクタよりデータを取り出す必要がある。

また外部ドライブとして接続する必要はあるものの、指定されたデータをより簡単に取り出せるよう、ソフトウェア「Petya Sector Extractor」をEmsisoftの研究者が開発。Bleeping Computerのサイトで公開されている。

今回は復号化の手段が発見されたが、今後「Petya」がアップデートされれば、今回のツールで復号化できなくなる可能性が高く、セキュリティ専門家は引き続き警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト