Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Skylake」上の「Windows 7/8.1」サポートは2018年7月まで - 以降も「緊急パッチ」は提供

米Microsoftは、第6世代Intel Coreプロセッサ「Skylake」上で動作する「Windows 7」「Windows 8.1」について、2018年7月17日までサポートする方針であることを明らかにした。同日以降も「緊急パッチ」に関しては、各OSの延長サポート期間中は提供するとしている。

同社では、「Windows 7」について2020年1月14日、「Windows 8.1」に関しては2023年1月10日までをサポート期間とする一方、これらポリシーは「従来世代のチップに限定」する方針を1月に発表。「Skylake」を搭載した対象機器については、サポート期間を2017年7月17日までとするサポートポリシーを発表していたが、今回1年間の延長を決めた。

同チップ搭載端末については、サポートを終了しつつも、それぞれのOSの延長サポート期間に関しては、同日以降も「セキュリティ更新プログラム」を提供。従来は提供にあたり一部条件を設けていたが今回変更し、「緊急」にレーティングされた「すべてのセキュリティアップデート」を提供するとしている。

同社は「Skylake」搭載機器の利用者に対し「Windows 10」への移行を促しつつも、今回の決定について「最新のハードウェアを安心して購入いただくため」と説明している。

1月の発表では、信頼性や互換性の維持を理由に、今後投入される新世代のチップについては、リリース時点における最新の「Windows」のみサポート対象とすることを同社は表明。

「Skylake」については、対象リストにある機器に対し、「Windows 7」「Windows 8.1」のサポート期間を2017年7月17日までとし、以降はセキュリティ更新プログラムを、各OSの延長サポート期間の終了まで、信頼性や互換性に関するリスクがないことを条件に、「緊急」のプログラムを提供するとしていた。

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ