Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Skylake」上の「Windows 7/8.1」サポートは2018年7月まで - 以降も「緊急パッチ」は提供

米Microsoftは、第6世代Intel Coreプロセッサ「Skylake」上で動作する「Windows 7」「Windows 8.1」について、2018年7月17日までサポートする方針であることを明らかにした。同日以降も「緊急パッチ」に関しては、各OSの延長サポート期間中は提供するとしている。

同社では、「Windows 7」について2020年1月14日、「Windows 8.1」に関しては2023年1月10日までをサポート期間とする一方、これらポリシーは「従来世代のチップに限定」する方針を1月に発表。「Skylake」を搭載した対象機器については、サポート期間を2017年7月17日までとするサポートポリシーを発表していたが、今回1年間の延長を決めた。

同チップ搭載端末については、サポートを終了しつつも、それぞれのOSの延長サポート期間に関しては、同日以降も「セキュリティ更新プログラム」を提供。従来は提供にあたり一部条件を設けていたが今回変更し、「緊急」にレーティングされた「すべてのセキュリティアップデート」を提供するとしている。

同社は「Skylake」搭載機器の利用者に対し「Windows 10」への移行を促しつつも、今回の決定について「最新のハードウェアを安心して購入いただくため」と説明している。

1月の発表では、信頼性や互換性の維持を理由に、今後投入される新世代のチップについては、リリース時点における最新の「Windows」のみサポート対象とすることを同社は表明。

「Skylake」については、対象リストにある機器に対し、「Windows 7」「Windows 8.1」のサポート期間を2017年7月17日までとし、以降はセキュリティ更新プログラムを、各OSの延長サポート期間の終了まで、信頼性や互換性に関するリスクがないことを条件に、「緊急」のプログラムを提供するとしていた。

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性