Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年8月に不正アクセス、クレカ情報が流出か - ネットマーケ支援業者

マーケティングのコンサルティングや、メール配信サービスなどを展開するイー・エム・ズィーにおいて、ウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出していたことがわかった。

2015年8月末に不正アクセスの可能性が明らかとなり、外部の調査会社より最終報告を受けたとして事態を明らかにしたもの。同社ウェブサーバに脆弱性があり、不正アクセスを受けて情報が漏洩したと見られている。

2015年8月末に顧客から不正ログインされた可能性があるとの指摘があり、顧客とは異なるIPアドレスによるログインがあったことが判明。決済代行会社からクレジットカード情報流出の可能性についても同時期に指摘を受けていたという。同社ではその後外部へ調査を依頼していた。

情報流出の可能性があるのは、同社のサービス提供サイト「イーモールゼロ」において、2014年1月1日から2015年9月7日までの間にウェブアプリケーションや各種セミナー、DVD商材などを購入した顧客1106人の個人情報。氏名や住所、クレジットカードの番号、有効期限などが含まれる。

また、同社ウェブアプリケーションへ2015年10月1日までに登録されたユーザーIDとパスワードの一部も流出した可能性があるとしている。同社では、対象となる顧客へメールで報告し、謝罪。心当たりのない請求があった場合は、カード会社へ問い合わせるようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
ライブハウスのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
宿泊プラン比較サービスのメルアカに不正アクセス - ヘッダ情報が流出