Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【税理士×Security NEXT】マイナンバーを扱う現場の課題とセキュリティ対策 第3回危険ととなり合わせ、企業はマイナンバーをどう守ればいい?

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が2016年1月からスタートした。しかし、対応が進んでいない企業も少なくない。

マイナンバーの利用は、スタート時点で「社会保障」「税務」「災害対策」に限られる。本連載では「税」の側面から、都内で活躍する登坂宏之税理士事務所の税理士、登坂宏之氏に話を聞いた。

前回、前々回の記事は以下から。

第1回マイナンバー制度、ピークを迎えるのは……

第2回 厄介なのは「従業員家族」のマイナンバー

情報漏えいやサイバー攻撃だけではない。盗難、紛失対策もしっかり施したい

20160210_sn_001.jpg
登坂氏

武山:マイナンバー関係のセキュリティソリューションがいろいろなメーカー、ベンダーからリリースされています。前回紹介した、クラウド型の収集ソリューションもそのひとつです。

しかし、マイナンバー保護の目的だけでセキュリティを強化するというのは少し違うように思います。あたり前のことですが、機密情報はマイナンバーだけではありません。全般をカバーする基本的なセキュリティ対策にも、注目してほしいと思っています。

登坂:私も企業でマイナンバーを使う担当者には、マイナンバーを扱うパソコンでは、「マルウェア対策ソフトを常に最新版にする」「Windows UpdateなどでOSを常に最新版にする」など、セキュリティ対策をしっかりするように指導しています。もちろん私自身も、企業のマイナンバーを扱うパソコンにもそういう対策は行っています。

(Security NEXT - 2016/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス