Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報81万件含むUSBメモリが所在不明 - 東電

東京電力において、顧客情報約81万件を保存したUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

20160129_te_001.jpg
紛失を公表した東電

1月25日にカスタマーセンターでUSBメモリを使用しようとしたところ、紛失が判明したもの。1月21日に電話対応状況のデータを移行するためUSBメモリを用いたが、その後の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、顧客情報約81万件を保存していた。氏名や住所、電話番号、電気料金、電気使用量などが含まれる。同社は外部に持ち出された形跡はないとし、USBメモリにはセキュリティ対策を講じていたと説明している。

同社では引き続きメモリの捜索を行うとともに、同事案に対応するための専用窓口を設置。顧客からの問い合わせに対応する。

(Security NEXT - 2016/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府