Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRSと電力系通信事業者、災害時のDNS継続性確保で実証研究

日本レジストリサービス(JPRS)と電力系通信事業者7社は、大規模災害時におけるインターネットの継続利用に向けた実証研究を2月より開始する。

大規模災害などの発生などにより、トップレベルドメインのDNSへアクセスできなくなると、ドメインを解決できなくなり、ウェブサイトの閲覧やメールなど幅広いインターネットサービスが利用できなくなるおそれがあることから、継続性の確保に向けて実証研究を実施するもの。

具体的には、JPRSが管理するTLD「.jprs」のDNSサーバを参加事業者のネットワーク内に設置。事業者外のDNSサーバへアクセスできない場合にも、DNSサービスの継続性を確保する。研究期間は2〜6月を予定している。

参加する通信通信事業者は、北海道総合通信網、東北インテリジェント通信、北陸通信ネットワーク、ケイ・オプティコム、STNet、九州通信ネットワーク、沖縄通信ネットワークの7社。

先行してQTNetと研究を進めてきたが、あらたに電力系通信事業者6社が参加したことで、広範囲や特定地域など、より柔軟な研究が可能になるとしている。

(Security NEXT - 2016/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正