Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード不要、指紋だけで本人認証するシステム - イオン銀が実証実験

イオン銀行は、店頭やATMでの手続き時に、指紋認証のみで本人認証を行うあらたな取引システムについて、実証実験を2月15日より開始する。

同システムは、店頭での各種手続きやATMを利用する際の本人認証を、指紋認証のみで行うもの。従来は取引時に指紋認証以外にもキャッシュカードなどが必要だったが、事前に指紋を登録しておくことでこれらを不要とするほか、印鑑、本人確認書類なども持参せずに銀行取引を実現するとしている。

同行は、同システムの導入により、利用者の利便性向上や、災害時に指紋のみで銀行取引が可能となるほか、銀行におけるコスト削減などをメリットを挙げている。

同システムには、Liquidが開発した大規模高速化認証システムを使用しており、同システムの専用サーバをデータセンター内に設置して活用する。指紋画像は暗号化により復元不可能な状態で保有すると説明している。

実証実験を東京都千代田区で一定期間実施し、その結果を検証したうえで対応店舗やATMを拡大する。また、オンラインバンキングでの活用も視野に入れているという。

(Security NEXT - 2016/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要