Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専

近畿大学工業高等専門学校は、個人情報が保存されたUSBメモリを一時紛失したことを明らかにした。USBメモリは3日後に発見されている。

同校によれば、教員が2023年12月8日に、氏名や電話番号、生年月日、メールアドレス、テストの成績などのべ2744件の個人情報が保存されているUSBメモリを一時紛失したもの。学生1207人に関する情報のほか、保護者446人、同校の教員12人に関する情報が含まれる。

同日夜、同教員は紛失へ気が付き、探索するも同校へ報告しておらず、同月11日に別の教員が同校の教職員駐車場でUSBメモリを拾得したことから問題が発覚した。被害の報告などは受けていない。

同校では、2023年度より教職員によるUSBメモリの利用を原則禁止しており、やむを得ず使用する場合は申請の上、暗号化機能や生体認証機能などを利用するよう定めていたが、USBメモリの利用にあたって申請はなく、パスワードも設定されていなかった。

同校は対象となる学生や保護者に経緯を報告して謝罪し、教員を厳重注意処分とした。今回の問題を受け、ガイドラインの徹底、講習会や研修の実施などを行い、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2024/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を