Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サンリオタウン」の国内登録者は約5.2万人

「サンリオタウン」において、外部から顧客情報がアクセス可能となっていたことが判明した問題で、サンリオは、国内ユーザーへの影響を明らかにした。

同社によれば、今回脆弱性が明らかとなった「サンリオタウン」を運営するSanrio Digitalは、香港のTyphoon Gamesグループが70%、サンリオウェーブ香港が30%出資する合弁会社。サンリオがライセンスよりライセンスの供給を受けて、サイトを運営しているという。

今回明らかとなった脆弱性により、氏名や性別、エンコードした誕生日、国名、メールアドレス、ハッシュ化されたパスワード、パスワードのヒントなど同サイトへ登録されていた会員最大330万人分の個人情報にアクセス可能だったことが判明しているが、日本国内からの会員登録は約5万2000人だと同社では説明。利用者などへの問い合わせについては、Sanrio Digitalがメールで対応している。

(Security NEXT - 2015/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
IPA、アジア7カ国で「アジア共通統一試験」の普及キャンペーン
サンリオタウン、個人情報最大330万人分が一時アクセス可能な状態に
ハローキティとコラボした「ウイルスバスターモバイル」
「株主倶楽部」利用企業が謝罪として金券を送付
サンリオ、個人情報漏洩で優待券やクオカードを配布
サンリオの株主情報流出か - 投資勧誘メール届く
ロート製薬の「株主倶楽部」登録株主にも勧誘メールや電話
サンリオ以外の企業株主にも「投資勧誘メール」 - 「株主ポイント倶楽部」運営企業が調査中
@niftyメールでスパム判定システムにトラブル