Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サンリオネットショップで個人情報を誤表示 - 負荷分散の誤設定で

サンリオは、オンラインショップにおいて一時障害が発生し、無関係である顧客の個人情報が意図せず表示されたことを明らかにした。

同社によれば、10月12日12時半前より15時ごろにかけて「サンリオオンラインショップ本店」のマイページや注文手続きページに、利用者とは関係ない別の顧客に関する個人情報が表示されたもの。

同日13時過ぎより2人の顧客から指摘があり、調査を行ったところ問題を確認。同日14時54分にサイトを一時停止した。

対象となるのは、期間中に同サイトへログインした顧客最大145人。注文者に関する氏名、住所、電話番号、メールアドレスのほか、子供の性別、生年月日、届け先情報、クレジットカード番号の下3桁および有効期限、注文商品名などが含まれる。

大量のアクセスへ対応するため、同社の依頼に基づき、同サイトのシステムを運用しているビービーエフが負荷分散システムを設定したところ、一部設定に誤りがあったという。

同社では、対象となる顧客を特定しており、メールで連絡を取っている。

(Security NEXT - 2023/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市