Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス

サンリオエンターテイメントのコーポレートサイトが不正アクセスを受け、サンリオピューロランドのファンクラブ会員に関するメールアドレスが外部に流出した可能性があることが明らかとなった。

同サイトを運営するサンリオエンターテイメントによれば、5月30日19時半過ぎから翌31日21時前にかけて、SQLインジェクションの脆弱性をつく不正アクセスを受けたという。同社においてサイトをチェックした際にエラーが表示され、調査を行ったところ被害が判明した。

今回の不正アクセスにより、「ピューロランドファンクラブ」の会員や仮会員登録者のメールアドレス4万6421件が外部に流出した可能性がある。SQLインジェクションにより参照できたデータは、メールアドレスのみとしており、氏名や住所、生年月日、クレジットカード情報の流出については否定している。

今回の問題を受け、対象となる顧客に対しては、6月5日にメールで経緯を説明するとともに謝罪。今回の問題に関連し、同社よりメールや電話、書面などを通じて個人情報を尋ねることはないとして注意を呼びかけた。

また不正アクセスへの対策を講じたほか、コーポレートサイトとあわせて、不正アクセスは確認されていないが、「サンリオピューロランド」のウェブサイトの安全性についても再検証を実施。ウェブサイト開発管理体制の強化を図ったとしている。

(Security NEXT - 2021/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック