Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースポッド、添付ファイルの一時保管サービスを提供

ソースポッドは、受信したメールの添付ファイルをクラウド上で保管するサービス「SPC Mailホールド」を、2016年3月下旬より提供開始する。

ソリューションは、メールの添付ファイルが受信ボックスに到着する前の段階で一時的に保管するクラウドサービス。メール本文のヘッダに添付ファイルのダウンロードURLを差し込み、受信者は必要に応じて添付ファイルをダウンロードする。

一部クラウドやオンプレミス環境において、二重に圧縮したzipファイルや、パスワードを設定したzipファイル、実行ファイルなどを受信できないといった声に応えて開発したという。

実行ファイルなどは、メールを利用したマルウェアの感染活動に用いられており、受信できると感染リスクが高まるおそれがあるが、同社では今後対策として「添付ファイル無害化オプション」を提供する予定だという。

(Security NEXT - 2015/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応