Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テロ警戒で不安を煽りマルウェアを拡散させる攻撃

テロへの警告に見せかけたメールでマルウェアに感染させる攻撃が発生している。関係者や受信者の名前を記載することにくわえ、テロへの不安に便乗するなど心理的な隙を突いていた。

攻撃を確認したシマンテックによれば、問題のメールは、発信元としてアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察関係者を偽装。件名には標的となった企業の従業員名を用いるなどソーシャルエンジニアリングのテクニックを利用していた。

さらに問題のメールでは、テロへの警告により不安を煽る内容で、2件のファイルを添付。セキュリティ対策のヒントに装った添付ファイルを開かせようとするが、実際はひとつの添付ファイルがトロイの木馬「Jsocket」だった。同マルウェアは、「AlienSpy RAT」の作成者が開発したとして知られており、複数のプラットホームに対応。感染端末へ外部からリモートアクセスが可能となる。

攻撃対象は、UAEのほか、バーレーン、トルコ、カナダなどで、各国の法執行機関や実在する関係者の名前を用いているという。行政や軍事のほか、エネルギー、金融といったインフラ、マーケティング、ITなどのセクターが狙われていた。

問題のメールは、身を守るための有益な情報に見せかけているため、受信者が有用なメールと勘違いし、メールを転送してしまうことで被害が拡大するケースがあると指摘。日本を対象とした攻撃は確認されていないが、今後注意が必要だ。

(Security NEXT - 2015/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起