Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西

NTT西日本の顧客情報が記載された営業用リストが、神戸市内の公園に放置されていたことがわかった。

11月10日に公園の管理者から公園内にある柵で囲われた立ち入り禁止区域に書類が放置されているとして、連絡があり問題が発覚。一部書類は公園内の池に水没しており、回収を終えたのは翌11日となったという。

回収した書類は、同社の委託先が営業で使用していた顧客リストで、顧客5654件の氏名や住所、電話番号などが記載されていた。情報の不正利用は確認されていないとしている。

同社ではこれを受け、委託先における顧客情報の適正利用や管理について点検を実施。再発防止に向けて研修を実施し、ルールの再徹底など目指す。

(Security NEXT - 2015/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
個人情報含むリストを突風に飛ばされ紛失 - JKK東京
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
紙袋に入れた受託イベント参加者の個人情報を紛失 - FVC
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京