Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知書の誤配達を相次いで公表 - 日本郵便

関東近県の郵便局で、マイナンバー通知書の誤配達が相次いで発生していることがわかった。

マイナンバー通知書に関し、総務省では配達事故の多発を受け、11月9日に日本郵便に対して厳重注意を行っているが、厳重注意の根拠となった事故以外にも、複数の誤配達が発生している。

日本郵便によると、11月7日に埼玉県新座市の新座郵便局でマイナンバー通知書1通の誤配達が判明。また翌8日には千葉県松戸市の松戸南郵便局でも1通が別人のもとに届けられた。

さらに9日には、茨城県鹿嶋市の鹿嶋郵便局、栃木県宇都宮市の宇都宮東郵便局で各1通の誤配達が判明した。いずれも、配達時における氏名や住所の確認が不十分だったことから起きたものだという。

同社では、再発行を依頼し、関係者に報告と謝罪をするなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも