Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CryptoWall」による攻撃者の収益は3.2億ドル超 - CTAが初の共同研究

複数のセキュリティベンダーが参加するサイバー脅威アライアンス(Cyber Threat Alliance)は、ランサムウェア「CryptoWall 3」の分析レポートを共同で取りまとめた。

CTAのメンバーが所有する情報を共同研究として調査分析し、取りまとめたもの。同アライアンスには、Fortinet、Intel Security、Palo Alto Networks、Symantecなどが参加。CTAとしてレポートを取りまとめるのは今回がはじめてとなる。

会員企業から収集した同マルウェアの検体は4046件。感染の試行回数は40万6887件で、コマンド&コントロールサーバのやり取りに利用されたURLは、839件だった。また一連の攻撃を通じて攻撃者が得た収益は、3億2500万ドル以上にのぼるとの試算結果をまとめた。

同マルウェアへの対策としては、OSやアプリケーション、ファームウェアのアップデートをはじめ、身に覚えのないメールへの注意、「Java」「Flash Player」「Silverlight」といったブラウザプラグインによる自動実行の無効化、重要なインフラへのアクセス制限などを挙げ、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト