Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、DDoS対策サービスを拡充 - パケットフィルタリングを追加

NTTコミュニケーションズは、「OCN DDoS対策サービス」をリニューアルした。新機能を追加したほか、提供エリアを全国に拡大する。

同サービスは、同社の法人向けインターネット接続サービス「スーパーOCN イーサアクセス」と「OCNハウジング用接続サービス」のユーザーを対象に、DDoS攻撃対策機能を提供するオプションサービス。

従来サービスでは攻撃の検知と緩和機能を提供していたが、リニューアルにともないパケットフィルタリング機能とリアルタイムレポートを追加。サービスメニューとして、攻撃の検知、緩和、パケットフィルタリング、リアルタイムレポートなど全機能を利用できる「DDoS防御オプション」と、緩和機能以外の機能が利用できる「DDoSフィルタリングオプション」を用意。

価格は、防御オプションは100Mbpsで37万8000円。1Gbpsで75万6000円。フィルタリングオプションは21万6000円。別途初期費用5万4000円が必要。

(Security NEXT - 2015/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加