Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、監査用人工知能の成長度を可視化するサービス

UBICは、メール監査におけるテキスト解析の精度を効率的に向上させるためのコンサルティングサービスを提供開始する。

同社が展開するメール監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」向けのコンサルティングサービスをメニューへ追加したもの。

同システムでは、監査人が判断する特徴を学習する人工知能「バーチャルデータサイエンティスト(VDS)」を用いて、企業で送受信されるメールを監査するが、同コンサルティングサービスにより、監査がどの程度機能しているか成長過程を可視化。成長の精度やスピードが適正であるか判断できるという。

成長の測定は、監査人による不正の判断と人工知能が行ったスコア付けを比較。時系列でスコア付けがどのように変化するか動きを見ることで、人工知能の成長度を測ることができるとしている。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化