Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、監査用人工知能の成長度を可視化するサービス

UBICは、メール監査におけるテキスト解析の精度を効率的に向上させるためのコンサルティングサービスを提供開始する。

同社が展開するメール監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」向けのコンサルティングサービスをメニューへ追加したもの。

同システムでは、監査人が判断する特徴を学習する人工知能「バーチャルデータサイエンティスト(VDS)」を用いて、企業で送受信されるメールを監査するが、同コンサルティングサービスにより、監査がどの程度機能しているか成長過程を可視化。成長の精度やスピードが適正であるか判断できるという。

成長の測定は、監査人による不正の判断と人工知能が行ったスコア付けを比較。時系列でスコア付けがどのように変化するか動きを見ることで、人工知能の成長度を測ることができるとしている。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
JASA、「サイバーセキュリティ対策マネジメントガイドライン」を公開
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中