Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、監査用人工知能の成長度を可視化するサービス

UBICは、メール監査におけるテキスト解析の精度を効率的に向上させるためのコンサルティングサービスを提供開始する。

同社が展開するメール監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」向けのコンサルティングサービスをメニューへ追加したもの。

同システムでは、監査人が判断する特徴を学習する人工知能「バーチャルデータサイエンティスト(VDS)」を用いて、企業で送受信されるメールを監査するが、同コンサルティングサービスにより、監査がどの程度機能しているか成長過程を可視化。成長の精度やスピードが適正であるか判断できるという。

成長の測定は、監査人による不正の判断と人工知能が行ったスコア付けを比較。時系列でスコア付けがどのように変化するか動きを見ることで、人工知能の成長度を測ることができるとしている。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ライセンス監査受けた企業の6割で追加請求 - ガートナー調査
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処