Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアップデート「WordPress 4.3.1」が公開

複数の脆弱性を解消した「WordPress」のセキュリティアップデート「同4.3.1」がリリースされた。開発者グループは、アップデートを強く推奨している。

今回のアップデートは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2015-5714」や、特権の昇格が生じる脆弱性「CVE-2015-5715」など、あわせて26件の修正を行った。

自動アップデートやダッシュボードによる更新のほか、ウェブサイトより最新版をダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2015/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
セキュリティ更新「WordPress 4.9.7」がリリース - 即時アップデートを強く推奨
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
IPA、公開サーバで利用されるOSSのセキュリティ情報を発信
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
WordPress用レビュープラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」向けニュースレタープラグインに脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性