Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイス通販サイトからスパム配信 - メールアカウントを奪取か

オーガニックスパイスの通信販売サイト「VOXSPICE」の管理者メールアカウントが、迷惑メール送信の踏み台にされたことがわかった。個人情報が流出した可能性もあるとして調査を行っている。

同サイトを運営するヴォークス・トレーディングによれば、9月4日、7日に同店やサイト管理者のメールアカウントより迷惑メールが不特定多数へ発信されたことが判明したもの。

同社は、IDやパスワードが窃取された可能性があり、詳細を調査している。今回の不正アクセスにより、同サイトで商品を購入した会員の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、購買内容などのほか、送受信したメールの内容などが流出した可能性があるという。

調査結果はウェブサイトで随時報告するとしており、同社を装った不審なメールを受信した場合は、添付ファイルを開封したりリンク先にアクセスなどせず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に