Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイス通販サイトからスパム配信 - メールアカウントを奪取か

オーガニックスパイスの通信販売サイト「VOXSPICE」の管理者メールアカウントが、迷惑メール送信の踏み台にされたことがわかった。個人情報が流出した可能性もあるとして調査を行っている。

同サイトを運営するヴォークス・トレーディングによれば、9月4日、7日に同店やサイト管理者のメールアカウントより迷惑メールが不特定多数へ発信されたことが判明したもの。

同社は、IDやパスワードが窃取された可能性があり、詳細を調査している。今回の不正アクセスにより、同サイトで商品を購入した会員の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、購買内容などのほか、送受信したメールの内容などが流出した可能性があるという。

調査結果はウェブサイトで随時報告するとしており、同社を装った不審なメールを受信した場合は、添付ファイルを開封したりリンク先にアクセスなどせず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響