Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを紛失 - 名大付属病院

名古屋大学医学部付属病院は、患者の個人情報が保存されたUSBメモリが院内で所在不明になっていることを明らかにした。

8月11日16時ごろ、看護師がUSBメモリを使用しようとしたところ、保管場所に見当たらないことに気付いたもの。問題のUSBメモリは同月7日に確認されており、外部に持ち出された形跡は確認されていないという。

紛失したUSBメモリには、退院後に心臓リハビリテーションを実施している患者217人の氏名や年齢、性別、ID、入退院日などが記録されていた。対象となる患者には、電話と書面を通じて報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院