Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを紛失 - 名大付属病院

名古屋大学医学部付属病院は、患者の個人情報が保存されたUSBメモリが院内で所在不明になっていることを明らかにした。

8月11日16時ごろ、看護師がUSBメモリを使用しようとしたところ、保管場所に見当たらないことに気付いたもの。問題のUSBメモリは同月7日に確認されており、外部に持ち出された形跡は確認されていないという。

紛失したUSBメモリには、退院後に心臓リハビリテーションを実施している患者217人の氏名や年齢、性別、ID、入退院日などが記録されていた。対象となる患者には、電話と書面を通じて報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院