Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR北海道で複数台PCにマルウェア - 運行システムへの影響は否定

JR北海道において、標的型攻撃メールにより同社端末がマルウェアへ感染し、外部と通信していたことがわかった。内部の複数端末へ感染が広がったが、運行システムへの影響はないという。

同社によれば、同社端末が外部サーバと不審な通信を行っているとの連絡が8月12日に外部機関より寄せられ、問題が発覚したもの。その後の調査で、前日11日に顧客を装ったメールの添付ファイルを開封したことから、マルウェアへ感染していたことが判明した。

また同月11日以降、最初の感染端末を通じて、ネットワークに接続されていた別の端末6台へと感染が拡大。感染したマルウェアは、情報の窃取を目的としたものだったという。

同社では13日に対策本部を設置し、感染端末の隔離や原因調査などを実施。同月18日より業務用パソコンのインターネット接続を一部制限した。列車の運行システムへの影響や、個人情報の流出などは確認されていないが、同社では引き続き調査を進めるとしている。

(Security NEXT - 2015/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加