Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府や米企業がセキュリティ職の魅力を伝えるトークイベント

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)と在日米国商工会議所(ACCJ)は、サイバーセキュリティ分野におけるキャリアの魅力を紹介するイベント「サイバー・ハロウィンキャリアトーク」を10月30日に都内で開催する。

同イベントは、おもに学生や若手社会人を対象に、政府やACCJ加盟企業がサイバーセキュリティ分野の仕事内容やキャリアパスについて紹介。疑問点などに答えるトークイベント。

ACCJ会員であるアップル、グーグル、日本IBM、インテル、マカフィー、日本マイクロソフト、Facebookなどが参加する予定で、関係者から直接話を聞くこともできる。また同イベントでは、持ち時間5分のライトニングトークコンテストを開催。優秀者にはACCJ加盟各社から賞品が授与される。

会場はベルサール秋葉原2階ホールで入場は無料。メールによる事前登録が必要で、定員の300人を超えた場合は抽選となる。イベントの詳細はNISCのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
2018年秋期セキスペ試験、合格率18.5% - 平均年齢36.8歳
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」