Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シャープ、最新DBで迷惑電話を着信拒否できる家庭用ファックス

シャープは、振り込め詐欺の対策機能を搭載した家庭用ファクシミリの上位モデルを9月11日より発売する。最新データベースから不審な電話を自動で判別し、着信を拒否できる。

同製品は、自動通話録音など振り込め詐欺を防止する複数機能を搭載したコードレスファクシミリ。

今回あらたにトビラシステムズが提供する有料サービス「迷惑電話フィルタ」へ対応。警察や自治体から提供された迷惑電話番号情報をもとに作成されたデータベースを活用し、振り込め詐欺や悪質な勧誘電話などを判別、着信を拒否できる。

電話回線を通じて、データベースを更新することが可能。あらかじめ登録したメールアドレスに着信拒否した件数を通知したり、着信拒否した番号をプリントする機能を用意している。

本体価格はオープン。迷惑電話フィルタの利用には、ナンバーディスプレイの契約と、月額最大432円のナビダイヤル通話料が別途必要。

(Security NEXT - 2015/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を