Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年2Qのフィッシング攻撃は12万6797件

2015年第2四半期のフィッシング攻撃は前期から微増したものの、前年同期と比較すると14%減少したことがわかった。

RSA AFCCが、2015年第2四半期に検知したフィッシング攻撃についてまとめたもの。同四半期は12万6797件で、前期の12万5006件からわずかに上昇した。一方、2014年の同期は14万359件で、14%減となった。

フィッシング攻撃を受けた回数を国別に見ると、米国が60%を占めた。「中国(12%)」「英国(6%)」「カナダ(5%)」と続く。フィッシングサイトがホストされていた国では、米国が45%で最多。「香港(16%)」「中国(4%)」となった。

また、同四半期に日本でホストされたフィッシングサイトはのべ35件。前期の55件から4割減少した。4月が18件、5月が8件、6月が9件だった。2014年は40件を超える月もあったが、2015年前半は20件前後で推移している。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
国内ホストのフィッシングサイトが大幅減 - 5分の1以下に
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加