Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ