Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「国際日本研究」コンソーシアムのサイトが改ざん - 無関係の商品ページ設置される
「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
セキュリティ製品の「VPN」機能に相次いで脆弱性
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構