Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
「おまえのパスワードはこれだ」と脅すメール - 仮想通貨を要求
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動