Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ