Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外パッチ「MS15-093」を緊急公開 - IEに深刻な脆弱性

日本マイクロソフトは、深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラム「MS15-093」を定例外で急遽公開した。

20150819_ms_001.jpg
定例外で公開された「MS15-093」

同プログラムは、メモリの破損が生じる「Internet Explorer」の脆弱性「CVE-2015-2502」を解消するセキュリティパッチ。「IE 7」以降いずれも影響を受ける。クライアントOSにおける深刻度は「緊急」。

サーバに関しては、設定が「セキュリティ強化の構成」により実行されており、影響は緩和されるとしており、深刻度は2段階低い「警告」としている。

細工されたメールの添付ファイルやウェブページを閲覧し、脆弱性が攻撃を受けた場合、コードを実行され、制御を奪われるおそれがある。

セキュリティ更新プログラムがすぐに適用できない場合の回避策としては、無償ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」を挙げている。同ツールでは、メモリ破壊が生じる攻撃が行われた場合、アプリを終了することで、コード実行を防ぎ、影響を緩和することができる。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース