Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

災害発生時にIT面から支援する「情報支援レスキュー隊」が設立

災害発生時に、情報の収集、活用、発信などを支援する「情報支援レスキュー隊(IT DART)」が設立された。

同団体は、ネットワークなどが十分に機能しなくなる大規模な災害などに対し、IT技術やノウハウなどを活用し、災害支援を行う組織。

災害の初期段階で被災地に隊員を派遣。自治体や避難所などの状況や、必要とされる支援内容を把握し、支援者や自治体、企業へ適切に伝えるなど、人材、機材、サービス、プログラム開発の調達に関するコーディネート業務を行う。また被災地の状況やニーズを継続的に発信していく。

(Security NEXT - 2015/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
個人情報含む要支援者名簿が所在不明 - 那覇市
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
「Lアラート全国合同訓練」を5月に実施 - 自治体やメディアなど参加
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施