Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ログを分析して脅威の痕跡を調査するサービス

シマンテックは、ログ解析により、不正通信やマルウェアなどの痕跡を調査する新サービスを開始した。

今回開始した「不審通信・不審ファイル痕跡調査サービス」は、プロキシなどのログを解析し、同社が保有する脅威情報をもとに、感染したマルウェアによる不正通信やファイルなどの痕跡を調査するアセスメントサービス。痕跡が見つかった場合は、リスクレベルを評価する。

また、端末のファイルスキャンを実行し、不審なファイルを洗い出すオプションを用意。調査結果は7営業日以内に提出する。参考価格は50万円。

(Security NEXT - 2015/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載