Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ログを分析して脅威の痕跡を調査するサービス

シマンテックは、ログ解析により、不正通信やマルウェアなどの痕跡を調査する新サービスを開始した。

今回開始した「不審通信・不審ファイル痕跡調査サービス」は、プロキシなどのログを解析し、同社が保有する脅威情報をもとに、感染したマルウェアによる不正通信やファイルなどの痕跡を調査するアセスメントサービス。痕跡が見つかった場合は、リスクレベルを評価する。

また、端末のファイルスキャンを実行し、不審なファイルを洗い出すオプションを用意。調査結果は7営業日以内に提出する。参考価格は50万円。

(Security NEXT - 2015/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化