Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、お盆休みなど夏期長期休暇の時期を迎えることから、セキュリティ対策について再度確認を徹底するよう企業のシステム管理者や従業員に呼びかけている。

長期休暇は、組織によってシステム管理者が不在となる場合もあり、不正アクセスやマルウェア感染、情報漏洩がなど、インシデント対応が遅れ、被害が拡大するおそれがあることから、あらためて休暇前後に実施すべきセキュリティ対策について再確認を促している。

管理者、従業員いずれも不正アクセスなどを受けないよう、休暇前に使用しない機器の電源を切り、休暇明けには、OSやソフトウェアの脆弱性を解消し、マルウェア対策ソフトの定義ファイルを更新するよう求めている。

また管理者には、休暇中のインシデントに備えて緊急連絡体制を確認し、休暇明けには、各種ログを確認し、インシデントが発生していないか確認するといった対策を紹介。

一般従業員には、パソコンやデータの持ち出しルールを守り、休暇明けに持ち出した機器を持ち込む際は、マルウェアなどを持ち込まないよう、セキュリティ対策ソフトによる事前チェックなどを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用