Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSなどを修正したセキュリティUD「WordPress 4.2.3」がリリース

開発者グループは、脆弱性などを修正したコンテンツマネジメントシステム(CMS)の最新版「WordPress 4.2.3」をリリースした。できるだけ早くアップデートするよう呼びかけている。

「同4.2.2」や以前のバージョンにおいてクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-5622」が存在することが判明し、修正したもの。投稿者や寄稿者といった権限を持つユーザーが同脆弱性を悪用した場合、サイトを侵害されるおそれがある。また、購読者権限から下書きが作成できる問題にも対処した。

「CVE-2015-5622」に関しては実証コードも公開されており、開発者チームは、すみやかに最新版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性
「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か