Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSなどを修正したセキュリティUD「WordPress 4.2.3」がリリース

開発者グループは、脆弱性などを修正したコンテンツマネジメントシステム(CMS)の最新版「WordPress 4.2.3」をリリースした。できるだけ早くアップデートするよう呼びかけている。

「同4.2.2」や以前のバージョンにおいてクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-5622」が存在することが判明し、修正したもの。投稿者や寄稿者といった権限を持つユーザーが同脆弱性を悪用した場合、サイトを侵害されるおそれがある。また、購読者権限から下書きが作成できる問題にも対処した。

「CVE-2015-5622」に関しては実証コードも公開されており、開発者チームは、すみやかに最新版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
セキュリティ更新「WordPress 4.9.7」がリリース - 即時アップデートを強く推奨
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知