Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10日間で国内25サイトが改ざん - 閲覧で「Emdivi」などへ感染のおそれ

正規サイトの改ざんにより、Adobe Flash Playerの脆弱性を狙う攻撃が多発している。国内から改ざんサイトへ約7000件のアクセスが確認されているという。

トレンドマイクロが、調査状況を明らかにしたもの。脆弱性が攻撃を受けるおそれがある改ざん正規サイトを、7月13日から22日までのわずか10日間に25件を検知したという。これらウェブサイトに対するアクセスは約8000件あり、国内からのアクセスが約7000を占めていた。

悪用されていた脆弱性は、イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamからの情報漏洩で明らかとなった「CVE-2015-5119」「CVE-2015-5122」「CVE-2015-5123」。

これら脆弱性は、エクスプロイトキットによる悪用が進んでおり、ランサムウェアの感染などに悪用されるケースが目立っているが、今回確認されたケースでは、遠隔操作ツール(RAT)である「Emdivi」や「PlugX」を感染させるために悪用されていた。

「iframeタグ」が設置され、サイト内に設置された攻撃コードを含むファイルを読み込ませるものだが、特徴を見ると25件のうち、18件で「movie.html」というファイルが利用されていた。同ファイルは、オープンソースで提供されている「Adobe Flex」により作成されたものと見られる。

同社では、JPCERTコーディネーションセンターへ通報するなど対応を進めている。またAdobe Flash Playerの最新版において、今回悪用されていた脆弱性はいずれも解消されているとして、アップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か