Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

ドライヤーやヘアアイロンなどヘアスタイリングツールを取り扱う通信販売サイト「クレイツ公式オンラインショップ」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む顧客の個人情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するクレイツによれば、同サイトに脆弱性が存在し、不正な注文により脆弱性を悪用されたという。ウェブサイトを改ざんされ、サイト上で入力された情報を窃取する不正なプログラムが埋め込まれた。

2023年4月3日以前に同サイトで顧客情報を入力したことがある顧客6万5520人の個人情報が流出したおそれがあることが判明した。

氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、同サイトのログインパスワード、商品配送先の氏名、住所、電話番号が対象となる。

また2021年4月21日から2023年4月3日にかけて、同サイトで顧客4583人が決済を利用したクレジットカード情報4748件が流出し、不正に利用された可能性がある。クレジットカードの名義、番号、有効期限のほか、セキュリティコードも含まれる。

(Security NEXT - 2024/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら