Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡山放送に不正アクセス、視聴者の電話番号など流出

岡山放送(OHK)のウェブサイトが不正アクセスを受け、視聴者126人の電話番号とメールアドレスが流出したことがわかった。

同社によれば、同社サイト内で保有している一部データが流出していることが判明したもの。7月3日に外部から指摘を受け、調査を行ったところ被害に気が付いたという。流出データの中には、視聴者のものと思われる電話番号とメールアドレス126件が含まれていた。

同社では対象となる視聴者に事情を説明。サイバー攻撃対策を強化して再発防止に備えるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に