Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、高校生のセキュリティ人材育成を支援 - 競技会に技術者派遣

ラックは、京都府警サイバー犯罪対策課と京都府立京都すばる高校が実施した「情報セキュリティ教育と競技大会」に、講師として技術者を派遣した。

京都府警と同校では、競技大会を通じて情報セキュリティに興味を持つ学生の育成を進めるとしており、高校生を対象とした実践的な情報セキュリティ教育の一環として同競技会を7月14日に開催したもの。今回の取り組みに賛同した同社では、講師として技術者を派遣。競技会の運営をサポート、京都すばる高校で実施するセキュリティ人材の育成を支援したという。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
総務省、JPRSに「.jp」ドメインの適切な管理を要請 - 不適切利用問題受け
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大