Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、高校生のセキュリティ人材育成を支援 - 競技会に技術者派遣

ラックは、京都府警サイバー犯罪対策課と京都府立京都すばる高校が実施した「情報セキュリティ教育と競技大会」に、講師として技術者を派遣した。

京都府警と同校では、競技大会を通じて情報セキュリティに興味を持つ学生の育成を進めるとしており、高校生を対象とした実践的な情報セキュリティ教育の一環として同競技会を7月14日に開催したもの。今回の取り組みに賛同した同社では、講師として技術者を派遣。競技会の運営をサポート、京都すばる高校で実施するセキュリティ人材の育成を支援したという。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定