Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、高校生のセキュリティ人材育成を支援 - 競技会に技術者派遣

ラックは、京都府警サイバー犯罪対策課と京都府立京都すばる高校が実施した「情報セキュリティ教育と競技大会」に、講師として技術者を派遣した。

京都府警と同校では、競技大会を通じて情報セキュリティに興味を持つ学生の育成を進めるとしており、高校生を対象とした実践的な情報セキュリティ教育の一環として同競技会を7月14日に開催したもの。今回の取り組みに賛同した同社では、講師として技術者を派遣。競技会の運営をサポート、京都すばる高校で実施するセキュリティ人材の育成を支援したという。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に