Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

貸付金利用者の口座情報含むUSBメモリを紛失 - 柏市

千葉県柏市は、水洗便所改造資金の貸付金利用者20人の口座振替情報を保存したUSBメモリが、庁舎内で所在不明になったことを明らかにした。

紛失したのは業務用USBメモリ。7月6日16時50分に、貸付金業務を委託している業者とデータの授受を行うため、USBメモリを使おうとした際になくなっていることに気が付いた。職員が6月16日に庁舎内の金庫で保管したが、以降の所在がわからないという。

紛失したUSBメモリには、貸付金利用者20人のカタカナ表記の氏名、金融機関コード、支店コード、口座種別番号、口座番号、口座振替済通知データなどが保存されていた。USBメモリへアクセスするにはパスワードが必要としている。

同市では、対象となる貸付金利用者に説明と謝罪の書面を送付した。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル