Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress用ECサイト向けプラグインに脆弱性

WordPress向けに提供されているECサイト用プラグイン「WP e-Commerce Shop Styling」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトは、CMSであるWordPressをECサイトとして利用するユーザー向けに提供されているメールカスタマイズ用のプラグイン。ユーザーからのインプット処理を正しく処理しないため、本来アクセスできないシステムファイルをダウンロードされ、情報漏洩が生じるおそれがある。

脆弱性の判明を受け、プラグイン開発者は脆弱性に対処した「同2.6」を公開。アップデートすることにより脆弱性を修正できる。

(Security NEXT - 2015/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性
「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か