Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むログを保存したUSBメモリが所在不明 - 阪神電鉄

阪神電気鉄道において、一部定期券購入客の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同社によれば、所在がわからなくなっているのは、6月10日から同月24日にかけて、西九条駅の自動定期販売機で新規に磁気定期券を購入した顧客の個人情報353件が保存されたUSBメモリ。

同社では、自動定期券発売機の機能改善を2月にを実施しており、6月に改善状況の検証を行ったが、保守業務の委託先従業員がその際にログデータを保存したUSBメモリを紛失したという。

紛失の判明を受け、同社は対象となる顧客に連絡を取り、謝罪を行っている。また再発防止に向けて、USBメモリの持ち運び時の施錠管理や、作業終了時の数量チェックなど、取り扱いについて改善を図るとしている。

お詫びと訂正:本記事初出時、タイトルが「個人情報含むログを保存したUSBメモリが所在不明 - 阪急電鉄」となっておりましたが、正しくは「個人情報含むログを保存したUSBメモリが所在不明 - 阪神電鉄」です。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大