Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市

北海道岩見沢市は、霊園使用者に関する個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、緑が丘霊園管理事務所における利用者への区画案内業務のため、霊園使用者名簿などのデータをUSBメモリへ保存し、指定管理者に提供しているが、あらたなデータを提供するため、3月11日に指定管理者にUSBメモリの提出を求めたところ、見当たらないことが判明した。

USBメモリの内部には、緑が丘霊園のほか市内墓地13カ所の使用者名簿と霊園図面が保存されていた。氏名や墓地名、区画、区画番号、許可番号、許可年月日、返還年月日など1万3866件の個人情報が含まれる。

同市環境保全課や指定管理者の事務所、緑が丘霊園の管理事務所を探索したが発見できなかった。同市庁舎内や指定管理事務所以外の場所では使用しておらず、内部で紛失したものと見ている。

問題のUSBメモリにはパスワードを設定しており、個人情報が不正に利用されたといった報告はないという。

受け渡し時の記録をのこしていなかったことを受け、同市では、「個人情報提供申請書」や「個人情報預かり証」により記録をのこすなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2024/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明