Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町

長野県佐久穂町は、個人情報含むUSBメモリが庁舎内で所在不明となった問題を受け、町長らの減給や関係者への対応について明らかにした。

同町において、2023年10月3日に町税の口座振替業務を行うために庁舎内で使用しているUSBメモリが、所定の場所に見当たらないことが判明したもの。

紛失したUSBメモリには住民4138人に関する4740件の口座情報や口座振替額が保存されていたが、パスワードなどは設定されていなかった。その後個人情報の悪用などは確認されていない。

同町では同問題を受け、情報管理体制に不備があったとし、町長、副町長の給料について減額を決定。また住民税務課の担当者および担当課長を訓告、担当係長および担当課長補佐を厳重注意とした。不正利用が判明した場合は、再度処分を検討するという。

今後は、パスワード設定などが可能なUSBメモリを使用し、施錠管理を行うほか、使用管理簿への記録、使用後にデータを削除するといった対策を徹底し、再発の防止を図るとしている。また2024年度より執務室内に防犯カメラを設置する予定。

(Security NEXT - 2024/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分