Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICANN文書の日本語翻訳でJPNICらが協定

JPNIC、日本レジストリサービス(JPRS)、ICANNの3団体は、ICANNが発行する文書の日本語翻訳にあたり、協力する覚書を締結した。

JPNICとJPRSでは、ICANNのグローバル化における日本のICANN活動について協力関係を構築しており、今回は協力関係を強化する一環。

これまでも和訳文書を各団体が独自に提供してきたが、相互協力体制を築き、重複を避けて効率化を図るほか、文書の選定や用語統一などを推進する。

(Security NEXT - 2015/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド