Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

早大、「医療費通知」でマルウェア感染 - 管理者PW窃取で複数台へ拡大

早稲田大学の職員が使用する複数のパソコンにマルウェアが感染し、個人情報が外部へ流出したことがわかった。同大では、学内でマルウェアへ感染した端末がほかにないか調査を進めている。

同大内の端末より特定の外部サーバへアクセスが行われているとして、6月5日に外部機関より指摘があり、ネットワークから隔離した上で調査を行ったところ、マルウェア感染が判明したという。

2014年12月11日に送付された医療費通知を装ったメールの添付ファイルを開封したことがマルウェア感染の原因だった。

またマルウェアへ感染した端末経由で、同大の管理サーバの設定ファイルに残されていた管理用パスワードを窃取され、事務で用いている複数のパソコンに感染が拡大した。同大では学内の他端末へマルウェアの感染が広がっていないか調査を進めている。

今回のマルウェア感染により、事務用パソコン利用者2310名の氏名、所属、教職員番号をはじめ、学籍番号のほか一部氏名、性別など含む学生に関する91人分、氏名や所属、メールアドレス、教職員番号など、909人分の教職員や派遣社員の情報が漏洩した。

また同大は、スケジュール管理に利用していたウェブサイトが改ざんされたことも明らかにした。サーバに対する不正侵入により、改ざんされたもの。

サーバOSが最新の状態ではなく、脆弱性が存在したために不正アクセスを受けたという。内部に保存されていた外部企業担当者や2006年当時の助手の携帯電話やメールアドレスなど14件が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2015/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ