Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市

千葉市は、市立中学校の教諭が、前任校で使用していた物品を山林に不法投棄していたことを明らかにした。生徒や教職員の個人情報も含まれる。

同教諭は3月下旬、異動前に勤務していた緑区の中学校で使用していた物品を段ボール44箱に詰め、中央区内にある私有地の山林に不法投棄していたもの。総重量は500キロに及ぶという。

4月中旬に山林近くの住民が段ボール箱を発見。5月1日に市へ不法投棄の通報が寄せられた。

投棄されたもののなかに、同校に関する書類があったことから中学校が確認したところ、生徒や教職員名簿のほか、テスト結果など成績関係資料、生徒の写真、CD-ROM、生徒の作品などが捨てられていた。卒業生も含む生徒764人の個人情報が含まれるという。

投棄された段ボール箱を回収。投棄場所は人通りのほとんどない山林で、中身が散乱した形跡はなかった。不正利用の報告もないという。同市教委では、関係者に対する処分を実施する方針。

(Security NEXT - 2015/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
情報共有ツール「Confluence Server」にスクリプト注入の脆弱性
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市