Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSOK、マイナンバーの運用管理を支援するソリューション

ALSOKは、2016年より運用が開始されるマイナンバー制度にあわせ、セキュリティ強化を行う企業向けに「ALSOKマイナンバーソリューション」を提供する。

同ソリューションは、マイナンバーの取り扱いを開始することにともない、セキュリティの強化を図る自治体や事業所を向けに5種類のメニューを展開するもの。

情報システム室や書類の保管庫を常時監視する侵入監視や、入退室管理を行う出入管理、パソコン操作を監視するアクセス管理を提供。また生体認証などへ対応する。そのほか、保管庫の鍵を管理する持出し管理や、溶解処理を行う廃棄処理などサービスメニューに用意している。

同社では、これらサービスを通じて1年間に1億円の売上げを目指す。

(Security NEXT - 2015/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ